私たちのソリューション

Bio-4.png
バイオメトリクス(生体認証)

 

生体認証とは、測定可能な生理的・行動的特徴に基づき、個人を自動的に認識する科学である。情報技術の急速な発展に伴い、従来のトークンによる認証やセキュリティ管理システムは、21世紀の課題に対応できるほど高度なものではなくなりました。その結果、バイオメトリクスは個人を認証するための最も合理的、効率的、かつ究極のソリューションとして登場したのです。

blockchain-1.jpg
ブロックチェーン

 

可能性の連鎖であるブロックチェーン、最先端技術、分割された暗号データベースは、分散型台帳と暗号ハッシュを使用して、デジタル資産を不変かつ透明なものにします。信頼性の低いエコシステムにおいて信頼を築くことに重点を置き、最強のサイバーセキュリティ技術となる可能性を秘めています。ブロックチェーンは、そのデジタルフットプリント、透明性、柔軟性、セキュリティの向上、追跡の容易さを通じて、エコシステム全体に新たな機会と利益をもたらします。つまり、すべてのデジタル資産の足跡を最初からたどることができるため、医療、学術、金融機関にとって非常に有益なのです。

Bio-1.png
計算医学

 

計算医学は、臨床・生物学的データを用いて最先端のアルゴリズムを開発し、様々な臨床・生物学的システム間の関係を確立する科学と工学の分野である。この高度な科学分野では、治療プロセスを個人化するために、医療および生物学的システムに関する現在の知識を大幅に向上させています。しかし、高度で繊細な科学的プロファイリングを伴う大規模な成長分野では、正確で深い知識、専門知識、理解が必要です。そうでなければ、世界で最も差し迫った臨床上の課題に対するこれらの革新的な解決策が、誤った方向に向かう可能性があります。

Quantum-1.jpg
量子コンピューティング

 

量子コンピュータは、状態の重ね合わせとエンタングルメントの原理を利用した装置です。情報を保存し操作するための数学的計算の実行は、量子ビットに依存する。また、計算能力は、機械が同時に利用できる量子ビットの数と、情報や膨大な数の計算をどのように並列処理するかに依存する。量子通信は認証されており、従来のデジタル署名の代替や通信ネットワークの暗号化に利用することができる。

Zero-1.jpg
ゼロ・トラスト

 

現代のセキュリティ課題には、進化したセキュリティソリューションが必要です。ゼロ・トラストは、組織がデータ漏洩を阻止するために保有できる最高の武器です。脆弱性がどこで、なぜ発生したかに関係なく、脅威は内部にも外部にも存在し、セキュリティのギャップに対して脆弱です。イベントドットカウントとゼロトラストセキュリティモデルは、アクセス要求の一つひとつを違反とみなし、それが発生した時点で検証を行います。

Bio-6.png
バイオセキュリティ

 

サイバーセキュリティは、私たちが依存しているコンポーネントとデータを保護することです。インターネットに接続された部品は(ワイヤレスかどうかにかかわらず)危険にさらされる可能性があります。同じことが医療分野にも当てはまります。ここには、DNA配列や生物学的属性など、ユニークでセンシティブな情報が含まれています。

Computational-4.png
生命倫理

 

臨床研究分野でのバイオインフォマティクスや計算工学の登場は、生命倫理と計算倫理の融合をもたらしています。生命倫理とは、このような学際的な科学研究・開発において生じる倫理的、社会的、法的問題を研究する学問です。自律性の尊重、非悪意、善意、正義という4つの基本原則に基づいています。